気づきからすべての癒しははじまる
ホームページ ヒプノセラピー コラム セッション セミナー セラピスト お問い合わせ リンク
・「花粉症改善」
・「100匹目の猿」
・「子供の想像と現実」
・「前世療法」
・「引き寄せの法則」
・「影響力の関係」
・「引き寄せるもの」
・「コア・ステート」

「100匹目の猿」


宮崎県の幸島という所で、1950年代に生物学者達が猿の生態の研究をしていました。
1952年、猿たちは山にいて食料がなくなると、村に来て食べ物をとっては村人ともめているので、 人間には近づいてこないし、観察がしにくい状況でした。

そこで学者達は島で平和的に研究を続けるため、浜辺に芋をまいて猿たちをおびきよせようと試みたわけです。 猿たちは芋が好きで浜辺に来ては拾って食べるようになり、だんだん人間にも慣れてきて観察しやすくなりました。

その中で18ヶ月の小猿が、(この猿を”イモ”と呼んでいました。)
水の中に芋を落として、それを拾って食べたら「ジャリジャリした砂が口に入らない!」 という事を偶然発見しました。それから小猿は、毎回芋を水の中に入れてから食べるようになり、その事を母親猿や遊び仲間に教えて、 だんだん島の猿の中に広がっていきました。

1958年、幸島で100匹目の猿が芋を洗って食べる事を覚えた時、
何十キロも離れた他の島の猿も同時に、芋を洗って食べ始めたのです。

Phase Transition (フェーズ・トランジション)
ある集団全体の中の何%かが、同じ事を実行または同じ考えを持つ事で、
全体が同調し、その集団全体が変化する現象。


ここにきて「100匹目の猿」の話はライアル・ワトソン博士の「作り話」であったという、ハートブレークな記事を読みました。この話が実際に無かったとし ても、 思考(意識)が現実を作り出すと考えるならば、この現象(フェーズ・トランジション)の可能性は、否定出来ません。 集団現象や流行というのはどうやって広がっていくのでしょうか? 見えないことを証明するのは難しいことですが、 やはり意識(エネルギー)が同調、共鳴して変わっていく、影響されていくとは考えられないでしょうか!?

2008年2月11日 デニス・バンクス (アニシナベ族)を中心に「The Longest Walk2」 がカリフォルニア州サンフランシスコを出発しました。「All life is Sacred, Save Mother Earth.」「全ての生命は神の使いである。母なる大地を守ろう」をスローガンに、 5ヶ月後の7月11日ワシントン DC到着を目指し、4,400 miles (7,040 km)という距離を、 彼らは大地に感謝を捧げ、ゴミを拾いながら歩いています。

世の中には、恐怖を利用した誘導、欲望を刺激した誘惑もあります。これらは人の意識を変えると同時に、 人を支配するために使われています。何かに支配されているときは、自分の意識や行動が現実にどう影響しているかも忘れています。

感情はエネルギーです。自分のエネルギーがいったい何に注がれているのか?何に同調しているのか? それを自覚することは、とても大切なことだと思います。




2008年3月11日 浦野素衣 


Top

 

Copyright (c) 2009 Awareness MotoiUrano.com All Rights Reserved.